看護師 派遣 高給

看護師の派遣というのは非常に高給


一般の派遣に比べて看護師の派遣というのは非常に高給といえます。

 

これは看護師という専門職が、どの医療機関でも人材不足である事と看護師の派遣には資格が必要であることが理由に挙げられます。

 

看護師は夜勤などもあり、ハードな職種のため、お子さんがいる方は仕方なく辞めるケースや体力的に辞めるケースも少なくありません。

 

また、一般の派遣は資格や専門的な知識・技術が必要ありませんが、看護師の派遣と言うのには看護師資格が絶対に必要です。

 

そのため高給にしなければ人材を確保することが難しく高給になっています。

 

時給という面でみると地域によっても異なりますが、一般の派遣と比べると看護師の時給は高いといえます。

 

関東地区の平均的な時給は1,800円前後が多く、なかには2,000円以上もする求人もあるぐらいです。

 

その他の地区でも概ね1.2倍〜1.5倍の単価で働けるので、条件としては悪くはないと言えるでしょう。

 

体力的に正看護師として働くことが難しい方や家庭の事情で夜勤ができないなど正看護師として働けない方には、派遣で働くメリットは高いです。

 

病院がおこなっている求人では常勤看護師を募集するものばかりですが、病院は人材難のところも多く転職サイトなどを利用すれば、派遣の求人数は多く存在します。

 

また、そういった転職サイトは高給にするために交渉もおこなってくれるので、正社員は難しいけど短期間ならと思っている方には便利だと思います。

20〜30代にブランク期間があっても問題ないと思います!子育てや介護がその後の看護に良い影響を与えるから、ブランクを怖がる必要はないと思います!!


看護師は、結婚や子育てでブランクが出来やすいですね。

 

最近は、育児と仕事の両立がしやすいよう育児休暇も普及していますから、産休明けですぐに仕事復帰する人が珍しいくらいです。

 

また、核家族が増え、家庭内に子育てを協力してくれる人がいないことから、仕事を辞めて子育てに専念するナースも増えましたね(´・Д・)」

 

看護師の仕事は、ブランクがあると復帰しづらくなると言われています。

 

実際、日本には看護師資格を持っているのに、看護師として働いていない潜在ナースと呼ばれる看護師が、50万人以上もいると言われていますね(;´Д`A

 

まして、働き盛り、学び盛りの20代から30代は、結婚などともちょうど重なる時期ですね;^_^A

 

だから、子育てのために看護師の仕事から離れることに不安を感じているナースは多くいますよね。

 

また、在宅で介護を必要とする家族がいる場合も、介護に専念しなければならない時期があり、看護の仕事から離れることもあります。

 

介護や育児によるブランクナースは沢山いますが、それによるブランクは、決して無駄な時間ではありませんよ(´・Д・)」

 

介護や育児から学ぶことは、メンズファッションの着こなしではなく、今後の看護師生活の中に大きく関わってくる大事な事だと思うんです(*^_^*)

 

育児や介護の中には、看護につながるものがあります。

 

看護師にとって、子供を産み育てることは、命の大切さを学ぶことにもなりますよね。

 

20代から30代で出産、育児、介護を経験することは、決してただのブランクにはなりません(^_-)

 

そこで経験し、学んだことは、その後の看護に大きく影響してくることです。

 

だから、不安に思いブランクを怖がることはありませんよ!(^ー゜)

 

むしろ看護師として成長するチャンスと考えてくださいね(*^^*)

夜勤専従常勤になるために

夜勤専従常勤で働くには、まずそのような求人を出している病院をしっかりと探すことが必要ですね。

 

夜勤専従は、夜間専門労働なので、お給料も高く、効率的に稼げる、ということもあって、人気も高いのですが、求人はハローワークや求人誌にはあまり出ていません。

 

看護師求人情報サイトは夜勤専従の求人も多く扱っているので、そのようなサイトに登録をして、自分の希望に合った条件の病院を探してもらうことが早道だと思いますよ。

 

夜勤専従常勤になるには、業務内容もしっかりと理解して、把握していなければならないので、その病院の日勤を経験したり、夜勤パート勤務をしばらく続けて、専従常勤になる、という流れもあるようです。

 

夜勤は歳を重ねるにつれ、結構ハードに感じるようになります。私も20代はどんなにハードでも翌日は平気で、体力があるとかでなく、単に若かったからなんですよね。

 

しばらく仕事から離れて子育てしたのが30代でしたが、保育園の行事など参加したときに、休憩時間に子どもと一緒に追いかけっこしたりしているママを見ると、(きっと20代だな…)なんて思ってしまいました。

 

実際、20代だったりするんですが、30代以降は自分の身体との相談が必要になるので、働き方も自分に合った働き方を選べると良いですよね。

 

40代前後はホルモンのバランスもゆっくり変わってくるのか、若い頃のような身体ではないせいか、仕事のストレスが重なった時など、心臓の鼓動が速くなったり、頭痛や吐き気があったりすることもあります。

 

私の周りには同じような状態になったことがある友人がいますが、病院に行っていろいろ調べても何も病気は見つからず、精神的なお守りとして…という感じで、安定剤などを処方されたそうです。

 

飲んでも平気なんだろうけれど、飲むことにちょっと抵抗があって、でも、何かの時はこれを飲めばいいんだな、と思うだけで、落ち着いたと言っていました。

 

まさに、お守り、ですよね。