看護師 派遣 高給

クリニックでの仕事のメリット・デメリットは?

クリニックは、20床未満の入院設備のある診療所を言います。
病院とは違い、看護師や薬剤師の人数に決まりはないため、規模も様々ですね。

 

 

外来だけのクリニックもありますが、ベッド数は少ないけれども入院施設のあるクリニックもあります。

 

病院に比べると、重症度の低い患者さんが多く、重症度が重くなると病院に紹介状を書き転院する事がほとんどです。

 

クリニックのメリットとして、総合病院ほどの大変さはない、という事がそういった面からも言えると思います。

 

病気としては、程度の軽いイメージはありますね。

 

 

また、クリニックによっては総合病院に比べると忙しさも少なく、ゆっくりした時間で働けます。

 

それほど大混雑するクリニックでなければ、休憩時間も2時間休める所もあります。

 

休みも定休日などに合わせしっかりとれますし、中には盆、正月はドクターの都合に合わせ長い休業日を作る所もあります。

 

たいていはカレンダー通りのお休みとなりますから、子育て中のママさんナースや、年配の体力が減ったナースなどが多いですね。

 

また、クリニックは沢山ありますので、わりと家から近場を選んでこられる方が多いです。

 

近場だと通勤にも時間がかからず便利という事もメリットの一つですね。

 

 

 

デメリットとしては、人数が少ない事から、一度人間関係がこじれると非常に働きづらいです。

 

総合病院のように大勢の中での人間関係は、ある程度流す事も出来ますし、毎日顔を合わせるわけではないのでわりと気にならない事もあります。

 

しかし、クリニックの様な少人数の職場では毎日同じ顔ぶれです。
人間関係のこじれた相手と毎日顔を合わせるのも辛いですよね。

 

 

また、定休日以外の休みが取りづらいという事があります。
まして少人数ですから、希望が重なると両方の希望が通る事はそうないですね。

 

 

また、クリニックは楽そうに思われがちですが、実はそうでもありません。

 

総合病院は、専門的な知識を必要とされますが、クリニックは全般的に知識を必要とされます。

 

ですから、経験の浅いナースでは厳しい面も多いかと思います。
まして、総合病院のようなプリセプター制度を使えるほど指導に当たるナースの人員もありません。

 

ですからどちかというと、経験年数の長い年配ナースが多いクリニックもありますね。

 

クリニックは、規模の幅も広く様々なクリニックがあります。

 

メリットやデメリットをよく考え、自分にあったクリニックを選ぶといいですね。